トイカメラとは、もともとはロシ

トイカメラとは、もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことをいう。日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製達は、つくりの粗雑さが原因で偶然なんとも味わい深い写真撮れるということで、マニアの間でじわじわ流行していったのである。トイカメラブームの火付け役と言えば、90年代後半に生産されたロシア製のLOMOである。それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。トイカメラには、ボディに擦り傷や汚れがある場合や外箱に問題がある場合、レンズにゴミなどが最初から混入している場合などがある。一応、撮影された写真に影響がある場合は不良品となるが、影響が認められない場合は不良品という判断はしないのがトイカメラで、日本製とはその点まったく異なる。フラッシュについても全く同調しないものは、初期不良として対応するが、基本的に動作保証はないと思って良い。トイカメラには様々なメーカーがあるが、その代表であるHolga(ホルガ)は中国製の安価な中判の箱形カメラで、その低忠実性ゆえに、ロシア製カメラのLOMOと並んで芸術的に評価?されている。ホルガは1982年に香港で生まれ、その頃に中国でもっとも普及していた120フィルム(ブローニュ判)を使用していた。元来中国の労働者階級の家族写真やイベントを記録することを目的とし、安価で大量に販売されることを目指していたカメラである。ホルガの語源は広東語の「Ho Gwong」=「とても明るい」である。個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。


RSS関連リンク
トイカメラ
トイカメラ トイカメラについて トイカメラとはもともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことをいう。 日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製達は、つくりの粗雑さが原因で偶然なんとも味わい深い写真撮れるということで、マニアの間でじわじわ流行していったのである。 トイカメラブームの火付け役と言えば、90年代後半に生産されたロシア製のLOMOである。それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じてトイカメラの虜になっていったのであるトイカメラと言っても2種類ある、「おもちゃとして作ったカメラ」と「おもちゃになっちゃったカメラ」である。 LOMOのスメハチとかLC

ブログ名: ネットのおもちゃ箱とおもしろゲーム情報 (テクノラティURL検索 2個のブログから2個のリンク)



午後の駐車場
買い物に出かけ、その駐車場で撮った一枚。 フェンス横の自転車が気になり一枚撮りました。 しかし、何か物足りない・・・・。 人が通るまで待ってみようと思いしばし待ち時間。 そしたら何故か、台車に荷物を載せた方が通ってくれました。 激安コンデジ使用、シルキーピックスでノスタルジックトイカメラ+フィルム調で現像。 このノスタルジックトイカメラの現像では、日に当たったアスファルトが独特・・・

ブログ名: The metaphysical photographer (テクノラティURL検索 2個のブログから2個のリンク)



最近ホルガが気になる(追加修正)・・・ 写真展行ってきました
先週 ホルガジャンボリーと言う写真展へ行ってから トイカメラのホルガがとても気になりだした。 今週もやってるので 行きたいのだが 用事が出来てゆけなくなりそう。 今週も見に行ってきました。 今まで 思ってた作品と言うのと やはり違う、 ・ピントが合ってる ・...

ブログ名: ブログエントリ:イザ! (テクノラティURL検索 0個のブログから0個のリンク)

トイカメラとは、ロシアや中国な

トイカメラとは、ロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラであり、いわゆるおもちゃみたいなカメラである。トイカメラは、プラスチックのレンズや手巻きのフィルムなど、アナログチックな製品ですので、撮影がうまくいくかは、そのときの運、その偶然の面白さがマニアにうけていると言って良い。いわゆる焼き物で焼いてみなければわからないというのと感覚的には近いのである。トイカメラの特徴としては、本体・レンズ等ほぼ全体を構成する素材がプラスチック(合成樹脂)等から作られ組立の構成が比較的簡単な箱型で、安価なカメラである。もともとは大衆的に広く使われるようにと、安価な素材で簡素化されて作られたもので、同じ種類の型でもそれぞれに個性があり、写真の品質にばらつきがあるものが多く、このばらついた品質効果のため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価されてきた。トイカメラには様々な製品があるが、トイカメラの代名詞と言われる「HOLGA」の最上級モデル「HOLGA120CFN」は、4色のカラーストロボが内蔵され、頭のダイアルを回転すると、オレンジの街並みや青い木々など楽しい世界が映し出される。気分によっては好きなストロボ光をあてることも可能で、120フィルム使用なので画質も良いのが特徴である。個人的なオススメは、ローライの「ローライフレックス2.8F」の二眼レフカメラをモデルに設計された「ローライフレックス ミニデジ」である。手の平に納まるミニチュア版で、デジタルカメラでありながら撮影手順や、上から覗く撮影スタイルは二眼レフ流と新旧を同時に味わうことができる。そして、仕上がる画像は正方形である。仕上がりもなかなかおしゃれな逸品である。


RSS関連リンク

20070909201149 服飾学校の作品展見た トイカメラ買ったった★ (゜_゜)

ブログ名: http://tekitoou.blog108.fc2.com (テクノラティURL検索 0個のブログから0個のリンク)



[新製品]タカラトミー、アーティスト気分が味わえる入門トイカメラ「TOLNE」
[ ファンシー文房具 「シャーペン フルーツ&ハムスター:HB-302」【お買い得セール09/09】]http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000013-bcn-sci  タカラトミー <7867> (富山幹太郎社長)は、35ミリフィルムを使用したトイカメラ「TOLNE(トルネ)」と、「TOLNE専用フィルターセット」2種を11月29日に発売する。価格は「TOLNE」が3990円、「TOLNE専用フィルターセット」が各892円。雑貨店、書店、玩具店などで販売する。 【写真】  トイカメラ、撮影した写真がピンボケしていたり、光量が足りずに暗くなったりなど、高性能なカメラと比べて不完全な要素を持っているが

ブログ名: レゴ(LEGO)ブロック、デュプロ激安通販情報 (テクノラティURL検索 1個のブログから4個のリンク)



ドリィバードVol.9
ドリィバードVol.9 2007年09月09日(日) 18時41分 [ Dollybird Vol.9]Dollybird Vol.9posted with amazlet on 07.09.09 ホビージャパン (2007/09/06) 売り上げランキング: 64 Amazon.co.jp で詳細を見る 本日、ドリバ?届きました今回は、表紙というか、装丁のセンスがとてもよろしいですよ ほら”古本”って感じがするでしょわざとこういう感じにするのがワタシは好きなんです?写真も、デジカメの綺麗な写真より(それも好きだけど)、ちょっとピントのボケたトイカメラで撮った味わい深い写真とか。素敵ですよね♪ さて、肝心の中身蚤の市の特集がお気に入りでーす蚤の市

ブログ名: 人形と一緒にショッピングブログ (テクノラティURL検索 3個のブログから4個のリンク)

ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。