トイカメラとは、いわゆるおもち

トイカメラとは、いわゆるおもちゃみたいなカメラである。プラスチックのレンズや手巻きのフィルムなどで製作され、その精度は大変低く、撮影がうまくいくかどうかは、”時の運”、その偶然さがマニアにうけて、几帳面な日本製のカメラと相対するカメラとして、味わい深い描写や発色に魅力を感じて、その虜になっていった日本人も数知れない。トイカメラには、ボディに擦り傷や汚れがある場合や外箱に問題がある場合、レンズにゴミなどが最初から混入している場合などがある。一応、撮影された写真に影響がある場合は不良品となるが、影響が認められない場合は不良品という判断はしないのがトイカメラで、日本製とはその点まったく異なる。フラッシュについても全く同調しないものは、初期不良として対応するが、基本的に動作保証はないと思って良い。トイカメラには様々なメーカーがあるが、かの有名なLOMO(ロモ)社は、ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクで1914年2月4日に設立された有限会社・国立光学器械工場(Государственный Оптико−Механический Завод、GOMZ)を前身とし、1962年レニングラード(1924年ペトログラードから改名)に誕生した。個人的なオススメは、ローライの「ローライフレックス2.8F」の二眼レフカメラをモデルに設計された「ローライフレックス ミニデジ」である。手の平に納まるミニチュア版で、デジタルカメラでありながら撮影手順や、上から覗く撮影スタイルは二眼レフ流と新旧を同時に味わうことができる。そして、仕上がる画像は正方形である。仕上がりもなかなかおしゃれな逸品である。


RSS関連リンク
住吉区とトイカメラ
200円で、手に入れたトイデジカメで写す住吉区。(30万画素上等・・)

トイカメラ
一見おもちゃのようなカメラなのに、なかなかな味を出すカメラ&そんなカメラで撮った写真トラックバック

トイカメラのウィンク。
プラスチックのボディが写す、傑作も絶景も無い日常写真たち。

トイカメラ(toy camer

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。トイカメラの特徴としては、安価な素材で簡素化されて作られたものであるため、同じ種類の型であっても個性があり、写真の品質にもばらつきがあるため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価され、報道や芸術関連の分野で数多くの賞を勝ち取り、現在でもトイカメラの愛好家や芸術家などに強く支持されている。トイカメラには様々な種類があるが、その代表的なメーカーであるHolga(ホルガ)は中国製の箱形カメラで、低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされ、LOMOよりも安く販売されたが、その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。これらの効果により時々生じる一風変わった写真は、皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。個人的なオススメは、ローライの「ローライフレックス2.8F」の二眼レフカメラをモデルに設計された「ローライフレックス ミニデジ」である。手の平に納まるミニチュア版で、デジタルカメラでありながら撮影手順や、上から覗く撮影スタイルは二眼レフ流と新旧を同時に味わうことができる。そして、仕上がる画像は正方形である。仕上がりもなかなかおしゃれな逸品である。


RSS関連リンク
トイカメラ日記
概要無し

今日は団地日和-ネコと団地とトイカメラ
概要無し

気まぐれトイカメラ
LOMO好き☆LOMO LC-Aなどで撮った写真や日々の出来事♪LOMO好き☆LOMO LC-Aなどで撮った写真や日々の出来事♪
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。