トイカメラの魅力記事一覧

トイカメラ(toy camer

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。トイカメラの特徴と言えば、その製品の完成度の低さであるが、構造的欠陥による光漏れや巻き上げの不具合などが多く発生するHOLGA、WOCAなどがいわゆるトイカメラメーカーの典型である。これらの製品は、写ったり写らなかったりするケースや、フラッシュが同調しなかったりするケースなどがあるので、基本的にトイカメラには保証期間がない。というか、トイカメラに完全な製品というものは存在しないと思って良いだろう。ロシア製は、新品でも状態がばらばらで、日本製品の基準からすると、かなり甘い基準となっている。トイカメラには様々な種類があるが、その代表的なメーカーであるHolga(ホルガ)は中国製の箱形カメラで、低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされ、LOMOよりも安く販売されたが、その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。これらの効果により時々生じる一風変わった写真は、皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。個人的なお気に入りは、「ロモ」である。ロシア製カメラで、いわゆるトイカメラとも呼ばれている。チープな作りで、独特の味がある?写真が撮れる。ファンにはそこがたまらないであろう。最近では、トイカメラ風にPhotoshopなどでデジタル画像を変換処理し、あたかもトイカメラ風にして紹介している場合もあるが、やはり味わいには違いが見られ、本物のリアリティ?にはかなわない。


RSS関連リンク
Vivitar UV100
レンズはプラスチックレンズのトイカメラでは王道ともいえる28mm広角レンズ。 同じVivitar の人気カメラ、Vivitar Ultra Wide&Slim の22mmと比べると少し画角は狭くなりますが、広い範囲を写せる広角レンズであることに違いはありません。 ...

タカラトミー、35mmフィルムを使うトイカメラの「エントリー版」を発売
タカラトミーは、35mmフィルムを使うトイカメラ「TOLNE」(トルネ)を2007年11月29日に発売する。同社では、タカラと合併する以前のトミーが2005年にデジタル版のトイカメラ「Xiaostyle」を発売しているが、今回はいよいよトイカメラ市場に本格参入を ...

遊び心をくすぐる。トイカメラ『TOLNE』全4色が年末に発売。
トイカメラ」は本体やレンズがプラスチックで、フィルムの巻き上げも手巻き。 時代は、聞いてもピンとこない画素数やオートフォーカス、手ブレ防止…もう、これでもかと機能を叩き込んだデジタルカメラが主流だが、トイカメラはまさに時代を逆行している ...
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。