トイカメラ(toy camer

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。トイカメラと言っても2種類ある、「おもちゃとして作ったカメラ」と「おもちゃになっちゃったカメラ」である。LOMOのスメハチとかLC-A、ルビテル(こまおカメラ)、は「ちゃんと製品として作りました」という感じがする。最近では、トイカメラが、その性能をアピールするコマーシャルを見かけるが、それは愚の骨頂といえるだろう。トイカメラには様々なメーカーがあるが、その代表であるHolga(ホルガ)は中国製の安価な中判の箱形カメラで、その低忠実性ゆえに、ロシア製カメラのLOMOと並んで芸術的に評価?されている。ホルガは1982年に香港で生まれ、その頃に中国でもっとも普及していた120フィルム(ブローニュ判)を使用していた。元来中国の労働者階級の家族写真やイベントを記録することを目的とし、安価で大量に販売されることを目指していたカメラである。ホルガの語源は広東語の「Ho Gwong」=「とても明るい」である。個人的なオススメは、ローライの「ローライフレックス2.8F」の二眼レフカメラをモデルに設計された「ローライフレックス ミニデジ」である。手の平に納まるミニチュア版で、デジタルカメラでありながら撮影手順や、上から覗く撮影スタイルは二眼レフ流と新旧を同時に味わうことができる。そして、仕上がる画像は正方形である。仕上がりもなかなかおしゃれな逸品である。


RSS関連リンク
トイカメラ
ちょっと気になってしまったので、思わず購入してしまいました?。 トイカメラ ハリネズミカメラとブックカメラです♪ 北海道の出張に連れて行こうかと思って。 ... 。現像してみて泣いてたりして。 ま、2個も買う必要はなかったんですけどね。ついつい衝動買いを・・・。 いや、ブックカメラのデザインと接写機能に惹かれてもともとはブックカメラだけを買うはずだったんですけどさハリネズミカメラの限定の響きと、白とキラキラにやられてもうた。あう。 ちなみにハリネズミの方は、フィルムを装着しないと3cm四方くらいの大きさになります。かわいーのだぁ

ブログ名: kusyu*kusyu (テクノラティURL検索 2個のブログから2個のリンク)



蓮池
蓮池 蓮池 ■Camera:SMENA8M ■Film:Kodak EKTACHROME E100VS (CrossProcess) ■Date:August 13, 2007 善祥寺にて。。。 にほんブログ村 写真ブログ トイカメラ   CrossProcess |Comment (0) |Trackback (0)

ブログ名: 景虎ちんの『お散歩写真館』 (テクノラティURL検索 2個のブログから2個のリンク)



蓮池
蓮池 蓮池 ■Camera:HOLGA 120CFN ■Film:FUJICHROME Velvia 100 ■Date:August 13, 2007 善祥寺にて。。。 にほんブログ村 写真ブログ トイカメラ   HOLGA |Comment (0) |Trackback (0)

ブログ名: 景虎ちんの『お散歩写真館』 (テクノラティURL検索 2個のブログから2個のリンク)

ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。