トイカメラとは、もともとはロシ

トイカメラとは、もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことをいう。日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製達は、つくりの粗雑さが原因で偶然なんとも味わい深い写真撮れるということで、マニアの間でじわじわ流行していったのである。トイカメラブームの火付け役と言えば、90年代後半に生産されたロシア製のLOMOである。それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。トイカメラと言っても2種類ある、「おもちゃとして作ったカメラ」と「おもちゃになっちゃったカメラ」である。LOMOのスメハチとかLC-A、ルビテル(こまおカメラ)、は「ちゃんと製品として作りました」という感じがする。最近では、トイカメラが、その性能をアピールするコマーシャルを見かけるが、それは愚の骨頂といえるだろう。トイカメラには様々なメーカーがあるが、中国製のHolga(ホルガ)と双璧をなすLOMO(ロモ)は、ロシアの光学機器メーカー レニングラード光学器械合同(ЛЕНИНГРАДСКОЕ Оптико−Механическое Объединение)によって製造されるカメラ製品のブランドである。 2007年現在ではトイカメラのブランドとして認知されている。個人的なお気に入りは、「ロモ」である。ロシア製カメラで、いわゆるトイカメラとも呼ばれている。チープな作りで、独特の味がある?写真が撮れる。ファンにはそこがたまらないであろう。最近では、トイカメラ風にPhotoshopなどでデジタル画像を変換処理し、あたかもトイカメラ風にして紹介している場合もあるが、やはり味わいには違いが見られ、本物のリアリティ?にはかなわない。


RSS関連リンク
トイカメラのある生活
普段のなにげない話から大好きなトイカメラの話などを中心に話していきたいと思います^^

トイカメラ☆ショップ-LOMO、HOLGAなどの通販
lomo、HOLGAなどのトイカメラを扱っているオンラインショップです。その他、コラム、写真館などもやっています。

トイカメラでいこ◆(≧∇ノ
どんどんハマリつつあるトイカメラ☆ メインはスメハチの“スメハっつぁん" 他にはベイベ?HOLGA、チェキなどで遊んでます♪ 最近、やっとHOLGAにも手つけました!あ、結構ケータイカメラの写真もUPしたりします(*≧m≦*)プププw
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。