トイカメラとは、ロシアや中国な

トイカメラとは、ロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラであり、いわゆるおもちゃみたいなカメラである。トイカメラは、プラスチックのレンズや手巻きのフィルムなど、アナログチックな製品ですので、撮影がうまくいくかは、そのときの運、その偶然の面白さがマニアにうけていると言って良い。いわゆる焼き物で焼いてみなければわからないというのと感覚的には近いのである。トイカメラには、ボディに擦り傷や汚れがある場合や外箱に問題がある場合、レンズにゴミなどが最初から混入している場合などがある。一応、撮影された写真に影響がある場合は不良品となるが、影響が認められない場合は不良品という判断はしないのがトイカメラで、日本製とはその点まったく異なる。フラッシュについても全く同調しないものは、初期不良として対応するが、基本的に動作保証はないと思って良い。トイカメラには様々な種類があるが、その代表的なメーカーであるHolga(ホルガ)は中国製の箱形カメラで、低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされ、LOMOよりも安く販売されたが、その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。これらの効果により時々生じる一風変わった写真は、皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。どのトイカメラがと聞かれあら、4つのレンズを搭載し、パノラマイメージを出せる連写カメラ「SuperSampler」である。4分割したパノラマショットを時間差で撮影することで一枚の写真に納められ、仕上がりは、4コママンガのようである。連写というと動く被写体と考えがちだが、カメラを動かしても可能である。アイディア次第で、稀少価値の高い写真撮影が可能である。


RSS関連リンク
山小屋tokimeki荘・・・山旅やトイカメラの写真
トイカメラ(HOLGA120F・CMEHA8M・Vivitar)デジカメで山旅/街旅をつづります。山がお休みの時のお遊び事もご覧いただけます。

トイカメラ
トイカメラがある限定の世界で、人気です。なかなか判りにくいトイカメラの味というものを追求し、紹介していきます。単にチープなカメラという意味では終わらない領域の紹介となります。

**Tiny 雑貨・トイカメラ・あみぐるみ
楽天ブログ - Tiny**Tiny 雑貨・トイカメラ・あみぐるみのある生活
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。