トイカメラ(toy camer

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。トイカメラの特徴と言えば、その製品の完成度の低さであるが、構造的欠陥による光漏れや巻き上げの不具合などが多く発生するHOLGA、WOCAなどがいわゆるトイカメラメーカーの典型である。これらの製品は、写ったり写らなかったりするケースや、フラッシュが同調しなかったりするケースなどがあるので、基本的にトイカメラには保証期間がない。というか、トイカメラに完全な製品というものは存在しないと思って良いだろう。ロシア製は、新品でも状態がばらばらで、日本製品の基準からすると、かなり甘い基準となっている。トイカメラには様々なメーカーがあるが、その代表であるHolga(ホルガ)は中国製の安価な中判の箱形カメラで、その低忠実性ゆえに、ロシア製カメラのLOMOと並んで芸術的に評価?されている。ホルガは1982年に香港で生まれ、その頃に中国でもっとも普及していた120フィルム(ブローニュ判)を使用していた。元来中国の労働者階級の家族写真やイベントを記録することを目的とし、安価で大量に販売されることを目指していたカメラである。ホルガの語源は広東語の「Ho Gwong」=「とても明るい」である。個人的なオススメは、ローライの「ローライフレックス2.8F」の二眼レフカメラをモデルに設計された「ローライフレックス ミニデジ」である。手の平に納まるミニチュア版で、デジタルカメラでありながら撮影手順や、上から覗く撮影スタイルは二眼レフ流と新旧を同時に味わうことができる。そして、仕上がる画像は正方形である。仕上がりもなかなかおしゃれな逸品である。


RSS関連リンク
トイカメラ「TOLNE」(トルネ)
タカラトミーからトイカメラ「TOLNE」(トルネ)が11月29日に発売されます。...

Lomo、トイカメラDianaの生産をスタート
technabob: lomo diana camera produces crummy (artistic) images via NOTCOT.ORG.

久しぶりに欲しいもの トルネ
+D Style:日常をちょっと違う角度で切り取るトイカメラ「TOLNE」. お金がなくていろいろ欲しくても手が出せない今日このごろです。 でもこのトイカメラは安い!! これくらいなら買えるかもしれない。 iPodとかiMacは無理だとしても。 ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。