トイカメラとは、日本の勤勉なメ

トイカメラとは、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなす、ロシアや中国などで生産された粗雑なつくりのカメラである。ところがつくりの粗雑さが原因で、なんとも味わい深い写真撮れるということで、その味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったマニア達のせいで、今日大いに市場が拡大されてきている。トイカメラの特徴としては、安価な素材で簡素化されて作られたものであるため、同じ種類の型であっても個性があり、写真の品質にもばらつきがあるため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価され、報道や芸術関連の分野で数多くの賞を勝ち取り、現在でもトイカメラの愛好家や芸術家などに強く支持されている。トイカメラには様々なメーカーがあるが、かの有名なLOMO(ロモ)社は、ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクで1914年2月4日に設立された有限会社・国立光学器械工場(Государственный Оптико−Механический Завод、GOMZ)を前身とし、1962年レニングラード(1924年ペトログラードから改名)に誕生した。どのトイカメラがと聞かれあら、4つのレンズを搭載し、パノラマイメージを出せる連写カメラ「SuperSampler」である。4分割したパノラマショットを時間差で撮影することで一枚の写真に納められ、仕上がりは、4コママンガのようである。連写というと動く被写体と考えがちだが、カメラを動かしても可能である。アイディア次第で、稀少価値の高い写真撮影が可能である。


RSS関連リンク
+D Style:日常をちょっと違う角度で切り取るトイカメラ「TOLNE」
+D Style:日常をちょっと違う角度で切り取るトイカメラ「TOLNE」. Send to a friend.

末廣クラッシックカメラ博物館(で、まだ会津(^-^;)
なんかかわいい「パッピーカメラ」(1935年日本 2.4×3.6p)Happyなのにパッピーっていうところもかわいい? トイカメラの元祖かなあ?これは大砲に違いない!!って思うようなカメラ。重そうですね。1938年のアメリカの「航空写真機」“Camera AIRCRAFT ...

タカラトミーのトイカメラ「TOLNE(トルネ)」
ではありますが、これはデジカメではなくフィルムカメラ、いわゆる「トイカメラ」のジャンルの製品で、"撮るね"をもじった「TOLNE(トルネ)」という製品名が付けられています。 いかにもトイカメラぽいプラスチッキーなボディで、色はグリーン、 ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。